メンズエステの広まり

近年ではメンズエステの広まりが大きくなったと考えられています。メンズエステの歴史は古く、宗教上の理由や身だしなみ、もてるためなど様々な理由で行われてきました。日本では2000年代に入ってからメンズエステが一般的に知られるようになりましたが、最近では仕事でも活用できるテクニックと位置付けられるようになっています。

メンズエステが知られるようになった頃の男性の多くは、男性がエステに行くことに対して良いイメージを持っていませんでした。しかし、美意識のためだけでなく仕事上の身だしなみを整える事にも役立つことが認知されるようになったことから、抵抗感なく利用できるようになったと考えられています。

仕事では初対面の方と接する機会も多く、第一印象の重要性が指摘されています。仕事のスキルが優れていても、第一印象で問題があれば円滑な人間関係を構築するのが難しいとも言われるほどです。そのため見た目を整える事の重要性は認められましたが、多くの男性は女性のようにスキンケアやヘアケアをこつこつ実践することに慣れていないでしょう。

そのためメンズエステでフェイシャル・ボディートリートメント、痩身などを利用して、スペシャリストの施術でバックアップできれば効果的だと考えられるようになりました。
また、中にはこちらのような特殊なメンズエステもあります。

 

メンズエステの始まり

メンズエステは最近できたものと考えられています。しかし、エステとはフェイシャル・ボディートリートメント、メイクや痩身、さらには脱毛やマニキュアなどを含める定義となっていることを考えると、メンズエステの歴史はかなり古くからあることが分かります。

海外では古代ローマ帝国時代の男性がムダ毛の処理やスキンケアをしていたことが文献に残っています。日本では源氏物語でも男性の美意識の高さからメイクを施したと記されていることが有名でしょう。その後の日本では、女性向けのエステが一般的になったのが1970年代頃からだと言われ、やや遅れて現代風のメンズエステが一般化したのは2000年代に入ってからの事です。

さらに脱毛を加えて振り返ると紀元前3000年前ころから古代オリエントで行われていたと伝えられています。日本でも江戸時代の男性は、ムダ毛があるのは粋ではないとして銭湯などで、今でいう全身脱毛のようなことをしていたと言われています。国内外でメンズエステを振り返ると、その歴史の始まりは以外にも古いことが分かるでしょう。

メンズエステを行う主な動機は「もてたい」「かっこよくなりたい」というものがメインでしたが、今では付加的な理由も男性がエステを行う動機となっています。

メンズエステの歴史とは

最近注目されているメンズエステは、ここ数年の間に広まったと考えられています。しかし、このメンズエステの歴史は意外にも古くからあり、文献や書籍の中にも残されています。メンズエステの歴史を紐解くと、その目的や動機付けにも変化があることに気が付くでしょう。

このサイトには、メンズエステの歴史に関する情報を掲載しています。エステが気になる男性にも役立つ情報となれば幸いです。一部にはメンズエステに対して「男性が女性化した」という考え方もあるようですが、実際には仕事のツールとしても活用できる効果が得られると評価されている部分もあります。身だしなみを整えるのは社会人としてのマナーとされるようになったので、メンズエステへの抵抗感はさらに薄れると考えられるでしょう。

メンズエステの歴史を見ると、元々の動機づけから大きく変化していることにも気が付きます。興味はあっても、まだ抵抗感を持っている方と言う方には、メンズエステの捉え方の変遷を見ることで挑戦しようと思うきっかけになるでしょう。

海外では「自分の管理ができない人は組織の管理が出来ない」という考え方が定着しており、企業の中で成功するには自分を整えることが求められています。日本でも今後のグローバル化を視野に入れると、同じ考え方を持つことが必要になるかもしれません。そのサポートにも活用できるメンズエステの歴史を、この機会にチェックするのも良いことです。このサイトの情報を大いに活用して下さい。